Adobe premiere pro cc 2015 warp stabilizer 無料ダウンロード.Adobe Premiere

 

Adobe premiere pro cc 2015 warp stabilizer 無料ダウンロード.Adobe Premiere Pro

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Adobe Premiereはビデオをキャプチャしてその後編集するために必要なすべてのツールを備えて言える最も有名な効率的なオンラインビデオエディター.Premiere Pro での手ぶれビデオの補正方法

 
 
no move Nov 22,  · 8/10 ( 点) – 無料でAdobe Premiereをダウンロード Adobe Premiereはビデオをキャプチャしてその後編集するために必要なすべてのツールを備えて言える最も有名な効率的なオンラインビデオエディター. アドビシステムズはシリコンバレーの中心部に年に設立されて以来、主にドキュメント、Web GoPro footage handheld stabilized in Premiere Pro CC with warp stabilizer, amazing results!!
 
 

Adobe premiere pro cc 2015 warp stabilizer 無料ダウンロード.Adobe Premiere Pro CC – PC用ダウンロード無料

GoPro footage handheld stabilized in Premiere Pro CC with warp stabilizer, amazing results!! 体験版をダウンロードするには、Adobe ID とパスワードを使用してログインする必要があります。 詳細な手順については、「Stabilize motion with the Warp Stabilizer effect 詳細については、このページで、Premiere Pro CC Adobe Premiere Pro CC TutorialTutorial video Editing Bahasa IndonesiaTutorial Adobe Premiere Pro Bahasa IndonesiaTutorial Membuat Video Tutorial videografi I
 
 
 
 

ワープスタビライザーエフェクトを使用すると、Premiere Pro のぶれの表示を修正できます。カメラの動きによって生じる変位を除去することで、手持ち撮影によるぶれのあるショットをぶれのないスムーズなショットにトランスフォームします。. エフェクト パネルを開き、「 ビデオエフェクト 」を選択します。下にスクロールして「 歪曲 」をクリックし、「ワープスタビライザー」をダブルクリックします。「 ワープスタビライザー 」オプションをクリックしてクリップにドラッグすることもできます。.

エフェクトを追加すると、ただちにクリップの分析がバックグラウンドで開始されます。分析が開始されると、プロジェクトパネルの 2 つのバナーの 1 つに、分析中であることが表示されます。分析が完了すると、もう 1 つのバナーにスタビライズ中であることを示すメッセージが表示されます。. Premiere Pro のワープスタビライザーエフェクトでは、クリップディメンジョンがシーケンス設定と一致している必要があります。クリップがシーケンス設定と一致していない場合、クリップをネストできないため、ワープスタビライザーエフェクトをネストに適用します。. 分析: 初めてワープスタビライザーを適用したときには、このボタンを押す必要はありません。自動的に押された状態になります。「分析」ボタンは、変更が行われるまでグレー表示になったままになります。レイヤーのインポイントまたはアウトポイントを調整するか、上流工程でレイヤーソースに変更を行うと、このボタンが再度有効になります。このボタンをクリックして、フッテージを再分析します。.

滑らかさ: カメラの元の動きのどの程度をスタビライズ対象にするかを選択します。値を小さくすると元のカメラの動きに近くなり、値を大きくするとなめらかになります。%を超える値にすると、より多くの画像領域が切り抜かれます。「結果」を「滑らかなモーション」に設定すると有効になります。. 自動スケール: 現在の自動スケール値が表示され、自動スケールの制限値を設定することができます。「自動スケール」を有効にするには、フレームを「スタビライズ、切り抜き、自動スケール」に設定します。. 詳細分析: オンにすると、トラッキングする要素の検索が次の分析フェーズで実行されます。このオプションを有効にした場合、結果のデータ(エフェクトの一部としてプロジェクトに保存されるデータ)のサイズが大きくなり、処理速度が低下します。.

高速分析: 実際の安定化プロセスを変更せずに、Premiere Pro でぶれのあるフッテージを分析するのにかかる時間を短縮します。このオプションは、初期設定で選択されています。このチェックボックスは、必要に応じてオフにすることができます。. ローリングシャッターリップル: スタビライザーは、スタビライズしたローリングシャッターフッテージに含まれているリップルを自動的に削除します。初期設定は「自動リダクション」です。フッテージに大きなリップルが含まれている場合は、「拡張リダクション」を使用してください。いずれかのメソッドを使用するには、「補間方法」を「サブスペースワープ」または「遠近」に設定します。. 合成入力の範囲(秒): 「スタビライズ、エッジを合成」フレームを使用している場合に、不足しているピクセルを補うのに必要な合成処理の前後時間範囲を制御します。. 合成エッジのぼかし: 合成する部分のぼかし量を選択します。「スタビライズ、エッジを合成」フレームを使用している場合のみ有効になります。合成されたピクセルが元のフレームと合わさるエッジ部分をなめらかにするには、ぼかしコントロールを使用します。.

合成エッジの切り抜き: 「スタビライズ、エッジを合成」フレームオプションを使用しているときに、ほかのフレームとの結合前に、各フレームのエッジをトリミングします。アナログビデオや低品質なレンズで生じる不良なエッジを切り抜くには、切り抜きコントロールを使用します。初期設定では、すべてのエッジが 0 ピクセルに設定されます。. カメラのすべての動きを完全に除去するには、 スタビライズ/結果/モーションなし を選択します。元のカメラの動きの一部をショットに含めるには、 スタビライズ/結果/滑らかなモーション を選択します。. リーガルノーティス プライバシーポリシー.

Adobe Premiere Pro 機能 新機能 アニメーションタイトル オーディオ カラー ムービーとフィルムの編集 スピーチ. フッテージのスタビライズ 検索. 最終更新日 : Nov 15, PM GMT.

エフェクトを追加すると、ただちにクリップの分析がバックグラウンドで開始されます。分析が開始されると、プロジェクトパネルの 2 つのバナーの 1 つに、分析中であることが表示されます。分析が完了すると、もう 1 つのバナーにスタビライズ中であることを示すメッセージが表示されます。 これらの処理が行われている間も、フッテージを編集したりプロジェクトの他の場所で作業を行うことができます。. キャンセル: 処理中の分析をキャンセルします。分析中は、「キャンセル」ボタンの横にステータス情報が表示されます。. メソッド: ワープスタビライザーでフッテージをスタビライズする際の非常に複雑な動作を指定します。 位置: 位置データのみに基づいてスタビライズします。フッテージをスタビライズするための最も基本的な方法です。 位置、スケール、回転: 位置、スケールおよび回転データに基づいてスタビライズします。トラッキングする領域が十分にない場合、ワープスタビライザーによって前の種類である「位置」が選択されます。 遠近: フレーム全体が効果的にコーナーピンされるスタビライズを使用します。トラッキングする領域が十分にない場合、ワープスタビライザーによって前の種類である「位置、スケール、回転」が選択されます。 サブスペースワープ(初期設定): フレーム全体をスタビライズするためにフレームの様々な部分に異なるワープを適用します。トラッキングする領域が十分にない場合、ワープスタビライザーによって前の種類である「遠近」が選択されます。特定のフレームで使用されている補間方法が、トラッキング精度に基づいてクリップの流れで変わることがあります。.

スケールを保持: このチェックボックスが選択されている場合、クリップの拡大/縮小は変更されません。. 自動スケール: 現在の自動スケール値が表示され、自動スケールの制限値を設定することができます。「自動スケール」を有効にするには、フレームを「スタビライズ、切り抜き、自動スケール」に設定します。 最大スケール :クリップがスタビライズ用に拡大される際の最大値を制限します。 アクションセーフマージン :0 以外の場合、表示しない画像のエッジの周囲に境界が指定され、自動スケールによって埋められないようになります。. 追加のスケール: 「変形」の「スケール」プロパティを使用したスケール処理と同じ結果が得られますが、画像の再サンプリングはおこなわれません。. 警告バナーを隠す: 再分析する必要があることを示す警告バナーが表示されても、フッテージを再分析しない場合に使用します。. 結果が良好であれば、スタビライズはこれで完了です。良好でない場合は、次のいずれか 1 つまたは複数の手順に従います。.

フッテージのワープや歪みが激しすぎる場合は、「補間方法」を「位置、スケール、回転」に変更します。 不定期のリップル歪みがあり、ローリングシャッターカメラで撮影されたフッテージの場合は、詳細/ローリングシャッターリップルを「拡張リダクション」に設定します。 詳細/詳細分析を確認してください。. クイックリンク すべてのプランを表示 プランを管理.